ノンシリコンシャンプーのデメリット

アンククロスシャンプーはノンシリコンシャンプー。

ノンシリコンシャンプーというと、髪にやさしそう…とか、
頭皮に良さそう…などのイメージがあります。

市販のシャンプーでもノンシリコンシャンプーの種類が
かなり増えています。

でも、ノンシリコンシャンプーにはデメリットと呼ばれる特徴が
様々ある事を知っているでしょうか?

単純に流行りに流されて、特徴を理解せずに使用すると、
『こんなはずでは…』なんて後悔する事になるかもしれません。

デメリットもあるんだと知った上で、
ご使用を検討した方が良いかと思われます。

デメリットについて、
調べてみましたので参考にして下さい。

ノンシリコンシャンプーのデメリット

・ 髪がきしむ
・ 頭皮に痒みがでる
・ 髪がパサつく
・ カラーが落ちやすい

このような点が挙げられるようです。

◎髪がきしむ原因は…

シャンプーにシリコンを含ませる理由として、
指通りを良くするという目的があります。

シャンプーをした時に、髪の毛をシリコンがコーティングして
きしんだり絡まったりすることを防ぎます。

ノンシリコンシャンプーの場合には、シリコンの代用となる成分を
配合していますが、市販のシャンプーでは価格的な問題があり、
きしむ・絡まるといった問題は無視できません。

◎頭皮に痒みがでる原因は…

もし、そのシャンプーが体質的に合わないという場合以外に
痒みなどの症状が現れるとしたら、それはシャンプーの
洗浄力が問題かもしれません。

ノンシリコンシャンプーであって、洗浄力が強すぎる場合には、
シリコンによってコーティングされていない頭皮が、
強い洗浄力にさらされた時には、負荷がかかりすぎることがあります。

◎髪がパサつく原因は…

シリコンによってコーティングされることによって、
髪の毛はきしんだり絡まったりする問題から解放されます。

ですが、その状態というのは言ってみれば裸の状態です。

今まではシリコンのコーティングでしっとり仕上がっていた髪が、
そのままの状態になる事で、パサつくようになります。

◎カラーが落ちやすい原因は…

コーティングされていない髪の毛は、
外部からの刺激を受けやすいと共に、内部の成分の流出に繋がります。

強い洗浄力で髪の表面に何もなくなった状態では、
せっかくのカラーが抜けてしまうのも無理はありません。

アンククロスシャンプーなら…

以上が一般的なノンシリコンシャンプーのデメリットです。

ですがアンククロスシャンプーでは、
そのような問題が起きないように、シリコンの代用となって、
更に髪の毛にやさしい成分を贅沢に配合しています。

そのこだわりぬいた成分のおかげで、ノンシリコンでありながら、
さっぱりとした洗い上がりと、指通りの良さを実現しました。

⇒アンククロスシャンプーの詳細はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする