アンククロスシャンプーの補修成分とは…

美髪再生がコンセプトのアンククロスシャンプーには、
その効果の元となる補修成分が配合されています。

・セラミド
・リピジュア
・ペリセア

この3種類が補修成分と呼ばれる成分になります。

それぞれが、どのような働きをするのか解析していきます。

◎セラミドとは…

セラミドは肌の角質層においては、細胞と細胞の中で
スポンジのように水分や油分を抱えこんでいるような存在です。

髪の毛の潤いにも欠かせない成分です。

加齢や気候の変化によって減少する傾向があるため、
外部からの補充が、健康な髪の毛にはかかせません。

実はアンククロスシャンプーの成分表に≪セラミド≫は
載っていません。

成分表では、
ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)
という名称で表記されています。

水分と油分が髪の毛に最適な量となるように働くため、
ダメージヘアを回復させる効果があります。

肌への刺激性、およびアレルギー性はほとんどないため、
安全に使用できる補修成分として使われています。

◎リピジュアとは…

成分表ではポリクオタニウム-61と表記されています。

注目すべきは、その保湿力です。

化粧品によく使われる保湿成分と言えばヒアルロン酸が有名ですが、
リピジュアはヒアルロン酸の2倍以上の保湿力を持ちます。

一度髪の毛に浸透すると、水洗い程度で流れ落ちる事がなく、
髪の毛をしっとりサラサラに仕上げてくれます。

もともと人工血管に使用するためにつくられ、
生体移植などにも使われている成分のため、
きわめて安全性の高い成分と考えられます。

◎ペリセアとは…

成分表では
ジラウロイルグルタミン酸リシンNaと表記されています。

シャンプーの時に1分もあれば髪の毛の内部に浸透出来て、
その後のシャンプーでも流れ出る事はありません。

髪の毛の内部でダメージの修復する効果があり、
さらにハリ・コシ・スベリ性の改善効果もあります。

髪の毛の内部に浸透し続けることにより、
使えば使う程に効果が期待出来る、注目の補修成分です。

バリア機能・保湿効果の点ではセラミドが有名なのですが、
セラミドは髪の毛の表面に対して効果を発揮するのですが、
ペリセアはさらに深部まで浸透して効果を発揮します。

◎まとめ…

アンククロスシャンプーに使われている補修成分は、
実験データがその効果を証明しているものばかりです。

そして、希少な成分のため、実は非常に高価なんです。

高価ゆえに、市販のシャンプーではなかなか見かけない
成分となっています。

それなのに、3種類も含まれているというのは、
髪の毛への愛情を感じてしまいますね。

残念ながら、そんな高価な成分が入っている為なのか、
アンククロスシャンプーは決して安くはありません。

ですが、その価格に見合うほどの効果を与えてくれると思います。

今なら50%オフで購入可能ですので、
一度お試し頂く価値はあるかと思われます。

⇒50%オフで購入出来るのは…⇒公式サイトだけ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする