頭皮クレンジングブラシ

頭皮には皮脂が多く汚れやすい部分ですが、頭皮のクレンジングにはブラシを使うという方法もあります。頭皮クレンジング剤と同じように、クレンジングブラシは頭皮ケアを目的としています。日々の洗髪で落とし切れていなかった皮脂汚れを洗い流し、血液の循環をよくすることで頭皮を健康にします。ブラシによって入念にマッサージされた地肌は、毛穴が開いてこびりついていた皮脂汚れが洗髪で落ちやすい状態になります。より洗髪効果を高めるために、このブラシによって指の腹で地肌を揉むように刺激し、頭皮を柔らかくします。手の中にすっぽりおさめるようにして使う円形ブラシや楕円形のブラシ、普通のブラシ型のものなどの様々なタイプがあります。マイナスイオンを出すものや、充電式でミクロの振動を発生し、頭皮をマッサージする頭皮クレンジングブラシもあります。シリコン製のゴムなどの柔らかい素材で作られているブラシが多く、ブラシ部分は太めです。これによって、地肌に負担にならずに洗髪ができます。指の腹で優しく揉むような刺激を頭皮に与えながら洗うことが理想的です。爪の先で地肌を痛めないよう、指の腹だけを使ってマッサージをするように洗髪することが理想ですが、意外と難しいものです。正しい頭皮ケアをするために、頭皮クレンジングブラシやクレンジング剤を最大限に活用して洗髪効果を高めましょう。

シャンプーによる若はげ対策

若はげの対策としてシャンプーを使った方法を実行している人がたくさんいるようです。思春期を過ぎたころに若はげは起こります。遺伝的背景を持つ男性の前頭部から頭頂部でよく起るようです。女性でも同じような変化が見られることがあります。その場合頭頂部が中心です。シャンプーのほかにも若はげの対策としての解決方法はいろいろあります。また間違った方法で、若はげの対策が広まっていることもよくあります。シャンプーによる若はげ対策は代表的な方法です。育毛を妨げているのは皮脂であるという認識は、若はげの対策としてよく間違われる点です。皮脂を全て洗い流してしまうほど強力なシャンプーが、若はげなどの対策として出回っています。この影響で小学生までが脱毛症をおこしているケースがあります。成人に限ったことではないのです。しかし乾燥などのトラブルから肌や頭皮を守るために分泌される成分が皮脂なのです。頭皮に肌荒れを起こし、若はげの対策どころか逆に脱毛症を発生させてしまうおそれがあるのが、洗浄力の強いシャンプーを使い続けることなのです。今の世の中はすべてにおいて清潔さが好まれています。ですから若はげの対策というよりも、髪が汚れることに敏感になりすぎなようです。それで必要以上に髪を洗ってしまったり、強いシャンプーを使ってしまうようなことになっているのかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする