育毛剤の効果…

世間一般に出回っている育毛剤には種類も多数あって、
どれを使えばいいのかわからないという人も多いでしょう。

そこで、育毛剤の種類と効用について、少し説明してみましょう。

育毛剤を必要とする人は抜け毛を気にしている人だと思いますが、
抜け毛にはさまざまな原因があるのです。

男性ホルモンのテストステロンが、5αリダクターゼという変換酵素の働きで、
デヒドロテストステロンというホルモンに変質し、
このホルモンが抜け毛を引き起こしているのです。

抜け毛を予防することこそがほとんどの育毛剤に与えられた役目ですが、
育毛剤の成分はその働きから大きく4つに分けられていて、
それぞれが組み合わさることで個々の特徴を出しています。

その4つの働きとは、男性ホルモンの働きを抑えること、
毛母細胞を活発化させること、頭皮の血液循環を良くすること、
皮脂の分泌を抑えること、以上になっています。

これらの育毛剤の働きが組み合わさって、頭皮は健康な状態に維持されながら、
なおかつ栄養補給によって抜け毛が防がれています。

育毛剤を構成している成分には、たとえば塩化カルプロニウム、
センブリやニンジンエキス、ビタミンEなどがあります。

育毛剤の効果は、血行促進、発毛促進、皮膚細胞の代謝改善、保湿作用、
フケ・カユミを防ぐ、造血機能回復、抗菌などです。

このようないくつもある効果を考慮に入れながら、
抜け毛の原因などと照らし合わせて育毛剤を選ぶとより効果的でしょう。

抜け毛の問題は、実は女性でも年齢とともに薄くなるなど
悩みを抱えることは多々あり、決して男性特有の悩みではないのです。

育毛剤を使用する前にシャンプーや日ごろのお手入れや生活習慣の見直しも非常に大切です。

敏感肌の基礎化粧品

刺激に弱い敏感肌の人は、肌に直接使用する化粧品には特に強い反応を示します。

敏感肌の場合は石油成分の含まれた基礎化粧品に過剰に反応することがあります。

肌が赤みを帯びてきたり、かぶれが出るようならすぐに使用を中止しましょう。

そんな敏感肌の人は、特にどこのブランドの基礎化粧品というわけでもなく、
無添加の基礎化粧品を使用するとよいでしょう。

自然界に存在する天然成分で作られた基礎化粧品は、
肌を優しく包んでくれるのでおすすめです。

外的な要因で敏感肌になるわけではなく、抵抗力の低下などの
体内の内側からの要因によって肌が刺激に弱くなることがあります。

敏感肌を根本から治すためには、やはり体質改善や体そのものの
強化などが必要となることが考えられます。

しかし、決して今日明日といった短期間に改善されるものではありません。

敏感肌の人は、せめて外部からの刺激をやわらかくするためにも、
敏感肌用の無添加の基礎化粧品を使用しましょう。

基礎化粧品を選ぶに際して、敏感肌かどうかをさほど気にしない人もいます。

少しの刺激でかぶれや赤みがお肌に出たり、
または慢性的なアレルギーがある人は自覚がなくても敏感肌かもしれません。

敏感肌の人は刺激の強い化粧品に弱く、また、乾燥肌になりがちという特長があります。

自分の肌が敏感肌かもしれないと思うなら、基礎化粧品を無添加にしてみましょう。

スキンケアの結果に驚くことと思いますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする