増毛スプレーの特徴

増毛スプレーは水分に強くないので、使用時には注意が必要です。

ですが、ある程度の湿気や普通にかく汗程度では
定着したものが落ちることはそうそうありません。

はっきりわかるほど濡れた場合、
たとえば雨に降られたりたくさん汗をかいた時は取れやすい状態になります。
そういう時は髪を触らず、そのままにしておくといいでしょう。

激しいスポーツをするなどいっぱいの汗をかく場合は
増毛スプレーの使用そのものを避けた方がいいかもしれません。

自由に好きな場所に髪を増やせる増毛スプレーは、
家での整髪にとても役立ちます。

ですが、増毛したい場所に正しくスプレーできないと、
違和感のある変な髪型になってしまうことも考えられます。

特に頭の後ろの方はなかなか見えにくく全体バランスの取りにくい部位です。
鏡を合わせて良く見ながら使うなどしながら、状態を自分で確認しましょう。

何度も繰り返し使っているうちに手が作業を覚えますので、
スピーディに仕上がります。

また、あまり不自然すぎる増毛にはならないようにしましょう。

増毛スプレーを使いすぎて髪の多い状態を見慣れて多くしすぎると、
逆に不自然になって見る人が見るとわかる状態になってしまいます。

増毛スプレーは使い方次第で強力な味方になりますから、
ご自身に合った使い方を会得してちょっとした時に手軽に使えるようになっておきたいものです。

若はげの原因と対策…

若はげが気になりだし、若はげの対策を講じるようになるのは
いつごろからでしょうか。

若はげが気になりだしたり、実際に髪の毛が薄くなってくる年齢、
また若はげの程度は個人差があり、人によってさまざまです。

具体的な若はげの対策をいつごろからするかは個人差もあります。

抜け毛は男性の場合、早い人は18歳前後から始まることもあるのです。

若はげには年齢や進行のスピードにかなり幅があります。

ですから30代後半から急激に抜け毛が進むこともあるのです。

遺伝のほかに、ストレスや偏った食生活、
不規則な生活が若はげの原因になることがあります。

20代や30代前半の若い人でも、このような若はげの原因になるような
ことを続けていれば、髪が薄くなり若はげになってしまいます。

早いうちから若はげにならないための対策をしておくほうが良いでしょう。

一般的に若はげと呼ばれている男性型脱毛症は、壮年性脱毛症とも言われます。

だいたい30~40代になると脱毛症状が目立ってくるのが若はげです。

頭髪の1本1本が細くなるために頭皮が透けてうすく見える状態です。

このように脱毛が気になりはじめたら若はげの対策を早めに行うようにしたほうが得策です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする