成分から効果を解析してみる…

美髪再生
セラミドで蘇るキューティクル
注目成分リピジュア&ペリセア

アンククロスシャンプーのキャッチコピーといえる謳い文句が
これらになりますが、どんな有効成分が配合されているのか
詳しく見ていきたいと思います。

成分表を解析してみる…

成分名:水、ラウロイルメチルアラニンNa、BG,オレフィン(C-14-16)、
スルホン酸Na、ラウラミドプロピルベタイン、ラウロアンホ酢酸Na、
PEG-2、カプリリルアミン、ポリクオタニウム-10、分岐脂肪酸(C14-18)、
ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、
ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ポリクオタニウム-61、
加水分解コラーゲン、ユビキノシン、イソステアリン酸、
ココイルアルギニンエチル、PCA、水添レシチン、
ラウリン酸ポリグリセリル-10、ヘキサンジオール、BHT、EDTA-2Na、
グリセリン、クエン酸、オレス-50、フェノキシエタノール、
メチルパラベン、プロピルパラベン 香料

なかなか難しい名前ばかりです。
ですが、≪セラミド≫≪リピジュア≫≪ペリセア≫が見当たりません。

入っていないんじゃないかと思い、調べたところ次の事がわかりました。

≪セラミド≫≪リピジュア≫≪ペリセア≫とは総称であって、
成分として表示する場合には別の名前を持っています。

つまり、成分表に≪セラミド≫とか書いていなくても、
それがセラミドが入っていない事にはならないんです。

なぜなら別の名前で入っているから…。

解説していきます。

セラミド

まずセラミドですが、
ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)
という名前で載っています。

強固なキューティクルに補修して、髪の毛を守ってくれる成分です。

リピジュア

リピジュアは、ポリクオタニウム-61の事でした。

ヒアルロン酸の2倍の保湿力を持ち、キューティクル補修に
絶大な効果があります。

ペリセア

ペリセアは、ジラウロイルグルタミン酸リシンNaの事です。

わずか1分で髪の毛に浸透して、そのまま髪の毛内部に留まります。

水洗い程度では流されない特性があるので、使うほどに効果が高まる成分です。

その他…

その他にも、抗酸化作用が高いコエンザイムQ10が、
ユビキノシンという名前で配合されていたりと、
こだわりの成分が配合されている事がわかります。

このように、見えないところにまでこだわっているから、
≪美髪再生≫効果が期待出来るんですね!

⇒公式サイトはこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする